事業内容

事業内容|周年

横河ブリッジ百年史

企画の背景

過去に発刊された八十年史の成果を踏まえ、近20年の軌跡を詳述すると同時に、橋づくりを通じた社会貢献、メタル橋梁トップ企業としての未来展望の表明に重点が置かれた。沿革のほかにも「口絵」「技術特集」「今昔物語」「日本初・世界初」など様々なコーナーを配置し、正史の重厚感とともに写真や図版を多用したグラフィックな誌面の魅力づけにも配慮された。

概要

前口絵/80年の歩み/創業者伝/中口絵/近20年の歩み/技術特集/後口絵/未来展望/資料・年表/索引

夢の50年史--高級化粧品アルビオンの歩み

企画の背景

半世紀にわたるモノづくりへの夢とこだわり、ブランド価値創造の試みと成果を明らかにすることが社史編纂の目的とされた。主要原稿はすべて編纂委員会の執筆による。

概要

口絵/沿革/資料・年表

夢の50年史--語り継ぐアルビオンの言葉

企画の背景

50年の歳月を照らし出す言葉やキーワードを取り上げ、その意味するところや時代背景をわかりやすく解説。正史とは別に、手に取りやすいお洒落な小冊子で、ストレスなく読みやすい社史として企図された。

概要

口絵/本編/トップインタビュー/年表

The Origin--ダイエー創業50周年誌

企画の背景

「原点へ、未来へ」をキーワードに、ダイエー50年の足跡をテーマ史構成で概観する。流通革命のパイオニアとしての道のりを、シンボリックなビジュアルとシンプルな記述でまとめあげ、読みやすい記念誌として企図された。

概要

キーワードで読み解く歴史/写真で見る歴史/会社概要/店舗/年表

野村不動産五十年史

企画の背景

企業の歴史をひもとくことによって、ひいては日本の不動産業の変遷を視野内に捉えること、さらに今後不動産業が果たす役割を明らかにすることも主眼に置かれた。

概要

口絵/沿革/グループ/資料・年表

阪和興業六十年史

企画の背景

60年の足跡を写真を中心にグラフィックに構成する第1部、近10年の歩みを詳述する第2部で構成。10年ごとに刊行される社史として、既刊社史の編集方針を受け継ぎながらも、表現面で新奇性が追求された。

概要

口絵/写真で見る60年の歩み/近10年の歩み/資料・年表

キクチコンサルタント50年史

企画の背景

創業の原点を見直すとともに、50年の実績と現況の活力、新たなサービス事業の展開を紹介することに主眼が置かれた。記念式典で配布。

提案のポイント

初めての社史発刊であり、過去にまとめられた歴史資料、広報誌もなかったことから、人物取材を核にストーリーを構成。創業者の顕彰とともに、全従業員の写真登場など、全社で周年の祝祭を分かち合う家庭的な社風がベースとなった。

概要

口絵/会社史/中口絵/業務実績/年表・資料

エースコック50年史

企画の背景

即席めんのエースコック創業50周年に当たって、企業史、製品開発の足跡を総括するとともに、歴史の延長線上において今後の指針を明確にすることを目的とした。

提案のポイント

ブタブタ子ブタおなかがすいた♪のCMソングでおなじみ。ワンタンメン、駅前ラーメン、カップ焼そばバンバン、スーパーカップなど、今なお根強いファンを持つ時代時代のエースコック商品を記述の主役に、歴史を構成していく組み立てとした。CMキャラクターの紹介も魅力付けの要素。また、歴代主要製品の形状、価格を記載した製品史も当初からの狙いとした。

概要

口絵/会社史/エポック製品の開発物語/商品史/年表・資料

松下電工メンズシェーバー50年の軌跡

企画の背景

ナショナル電気カミソリ発売50周年記念商品の発売に当たって、製品開発の足跡と技術の変遷を編纂することとなった。販売代理店、量販店向けに、発売プロモーション用ツールとして活用したいという意図があった。

提案のポイント

歴代製品を一覧する中で、特に技術的に、マーケティング的にエポックと目される製品をピックアップし、社員達の開発物語をドキュメントで構成した。故丹羽社長の、会社に貢献してくれる人材を掘り起こし顕彰する社史、という考え方をベースに置いた。

概要

エポック製品の開発物語/50周年記念商品の紹介/技術史/広告宣伝史/全製品一覧/年表・資料

松伯美術館開館10周年記念誌

企画の背景

開館10周年を迎えるに当たって足跡を概観すると同時に、今後、美術館が果たす役割を明らかにしたいという意図があった。

提案のポイント

美術館創設の主体である近畿日本鉄道関係者からの聞き取りをもとに、開館に至る歴史を掘り起こすことを主眼に置いた。開館後の足跡は、企画展ポスターを活用したグラフィックな構成を提案した。

概要

上村淳之館長と山口近鉄社長との対談/上村家三代の画業/美術館開館に至る道のり/ポスターに見る10年のあゆみ/資料・年表

花の万博記念「コスモス国際賞」10周年記念誌(和文版・英文版)

企画の背景

財団法人国際花と緑の博覧会記念協会が実施する顕彰事業であるコスモス国際賞の足跡を概観し、歴代受賞者の功績を総括するとともに、対談、シンポジウム等の埋もれた情報を採録したいという意図があった。和文版と英文版を制作。

提案のポイント

記録性を重視する中で、受賞者の難解な講演やシンポジウムの内容は、できるだけ平易な表現で編集し直し、採録することとした。

概要

賞関連の口絵/歴代受賞者の紹介(授賞理由・記念講演・記念シンポジウム再録)/10周年記念講演・シンポジウム採録/資料

過去の制作実績

●『キクチコンサルタント50年史』(キクチコンサルタント)
●『エースコック50年史』(エースコック)
●『大果大阪青果50年史』(大果大阪青果)
●『関西大学120年のあゆみ』(関西大学)
●『オートネットワーク技術研究所10年史』(オートネットワーク技術研究所)
●『変化の瞬間』(日東電工)
●『長瀬産業175年史』(長瀬産業)
●『環境保護の一翼を担って キャタラー40年の歩み』(キャタラー)
●『大本組百年史』(大本組)
●『横河ブリッジ百年史』(横河ブリッジ)
●『夢の50年史 高級化粧品アルビオンの歩み』(アルビオン)
●『夢の50年史 語り継ぐアルビオンの言葉』(アルビオン)
●『The Origin 株式会社ダイエー創業50周年誌』(ダイエー)
●『野村不動産五十年史』(野村不動産)
●『阪和興業六十年史』(阪和興業)
●60周年誌『上方左官物語』(大阪府左官工業組合)
●『大阪市営交通90年のあゆみ』(大阪市交通局)
●『大阪乗り物探検隊』(大阪市交通局)
●設立30周年記念誌『人 都市 自然』(大阪市公園協会)
●『ロイヤルホテル創業55周年記念誌』(大阪ロイヤルホテル)
●50周年誌『創造と挑戦』(片山鉄工所)
●16周年誌『シャルレドリーム』(シャルレ)
●30周年誌『ゆとりの生活文化を創る』(大和団地)
●80周年誌『大阪竹和会の記録 激動80年の足跡と現況』(竹中工務店・竹和合)
●『祈りの経営ダスキンの30年』(ダスキン)
●創業30周年感謝大会記念誌『DUSKIN 30TH ANNIVERSARY IN HAWAII』(ダスキン)
●『ミスタードーナツ25年の軌跡 A to Zのキーワードで綴る』(ダスキン)
●40周年記念誌『The Days MITSUKOSHI UNION』(三越労働組合)
●50周年記念誌『50th Anniversary OTEMAE COLLEGE』(大手前女子学園)
●100周年誌『柏原高校百年史』(柏原高校)
●100周年誌『百年の軌跡』(大阪工業技術専門学校)
●『京都 建都1200年』(京都市)
●『モリト90』(モリト)
●『ALTECO CHRONICLE』(アルファ技研)
●『宮木電機製作所80年史』(宮木電機製作所)
●『関西電気協会50年のあゆみ』(関西電気協会)
●『兵庫医科大学開学25周年記念誌』(兵庫医科大学)
●『テイコク百二十年史』(テイコク)
●『100万台への道そして新たな挑戦』(大阪トヨペット)
●『でんきのまち大阪日本橋物語』(でんでんタウン協栄会)
●『創造と融合のあゆみ』(ホソカワミクロン)
●『輝く明日に向けて』(きんでん労働組合)
●『日本生命労働組合50年史』(日本生命労働組合)
●『二十一世紀への脈動 川鉄鉱業四十年史』(川鉄鉱業)
●『神戸慶應倶楽部創立70周年記念誌』(神戸慶應倶楽部)
●『日商岩井エアロスペース25年史』(日商岩井エアロスペース)
●『ピー・エス50年史』(ピー・エス)
●『財団法人国際花と緑の博覧会記念協会10年史』(花博協会)
●『コスモス国際賞10周年記念誌』(花博協会)
●『吟道賀堂流長岡京吟詠会30年史』(長岡京吟詠会)
●『東洋電波60年のあゆみ』(東洋電波)
●『大阪城ホール20周年記念誌』(大阪城ホール)
●『ナショナルメンズシェーバー50年の軌跡』(松下電工)
●『近鉄ビルサービス30年のあゆみ』(近鉄ビルサービス)
●『松伯美術館開館10周年記念誌』(松伯美術館)
●『ワタキューセイモア創業130周年記念 心とともに歩む』(ワタキューセイモア)
●『セシール30年の歩み』(セシール)